So-net無料ブログ作成
2012.01.18

入の坊滝

323.jpg
高蔵寺のさらに奥に「入の坊滝」という滝があります。
角田市民でも、もしかしたら「そんな奥まで行ったことないよ」という方もいるかもしれません。

324.jpg
高蔵寺入り口前を流れる川に沿って、上流に向かって1kmほど歩いていくと辿り着けます。

325.jpg
何カ所か「もしかしてこれが滝??」と思う場所がありますが、これは砂防堰で滝ではありませんが、これはこれで迫力があります。

「大滝や 子抱き屏風に 馬喰滝  滝より滝に 滝に流して」
という句が残っているように、昔はここに5つの滝があったそうです。しかし現在はその姿はなくなってしまいました。

326.jpg
↑そのうちの1つ残っている「馬喰滝」

329.jpg
広かった道がここから急に狭くなるので足下注意!
想像以上に道幅が狭いので、歩きやすい靴と格好で来ることをオススメします。

327.jpg
途中「石抱欅」と呼ばれる樹齢300年の巨木が立っています。その名の通り、根っこでがっちりと石をつかんで、そびえ立つその姿は圧巻!

328.jpg
この木を過ぎるとすぐ、目的の「入の坊滝」に到着!
高さ7尺(2.1m)、幅3尺(91cm)と、こじんまりとした滝でした。

330.jpg

片道約15分、ちょっとした冒険感覚で楽しかったです(^v^ )
渓流を眺め、川のせせらぎを聞きながら、夏は神様トンボがひらひら飛んでいる、なかなかの癒し散策スポットでした!

posted by ゆめこ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました