So-net無料ブログ作成
2014.03.06

牟宇姫の雛人形はやはり美しかった!<その2>

梨姫です。

こちらが牟宇姫です。

s_IMG_0891.JPG

 たくさんのイベントで盛り上がる「第3回かくだ牟宇姫ひなまつり」でしたが、

その中でも初開催、伊達政宗公の手紙スタンプラリーに参加した梨姫です。

街中が雛飾りで彩られ、筆まめ伊達政宗公の手紙を読みながら、

ラリーは残すところあと1か所となりました。

ところがです。

笹森邸という昔ながらの門構えの立派なお宅を通り過ぎようとしたその時、

すてきな飾りに目が止まり、奥へ奥へ引き込まれるように入ってしまった梨姫でした。

DSC06761_convert_20140306094032.jpg
s_IMG_0712.JPG
s_IMG_0717.JPG
s_IMG_0719.JPG
なんであそこに人がいるのだろうと思い、私も後に続くと、
目の前には
s_IMG_0764.JPG
思わず息を飲む艶やかな美しさです。
DSC06789_convert_20140306094611.jpg
屏風の鮮やかな緑は緑青(銅の錆)を絵具に混ぜて出したものとか。
s_IMG_0729.JPG
手前にあるのが押絵。
DSC06788_1_convert_20140306094427.jpg
DSC06811_convert_20140306094950.jpg
女雛に施されている宝石は本物。本当に貴重なお人形さん達です。
s_IMG_0760.JPG
この催しを主催された木村八百子さんは、
「せっかくの街をあげてのひなまつりに何か私も参加できたらと思い、
このお屋敷の笹森さんのご協力を得て実現しました」と話された。
ほとんどの雛人形や江戸期の着物は年代物で木村さんが提供されたというが、
古風なつるし雛も見られ、それらは遠く福島や仙台の知り合いから
ご提供頂いたものだという。
「飾っていくうちに、それならこの金屏風があうのでは、というようにその場で皆さんから提供して頂くんです。角田には貴重な雛人形がまだまだ眠っています。
私たちの展示を見た方が
次回は参加したいなとなれば、街全体の広がりに繋がると思うのです」。
角田市郷土資料館に近い位置でこれだけの展示がなされていると、人が流れをつくり、点と点が結ばれ活況を呈している。火鉢を囲んでの甘酒、和菓子が、各々素敵な羽織をまとったお手伝いの方々からふるまわれる。なんとほっこりぬくもれる空間だろう。
DSC06778_convert_20140306094120.jpg
手作りきなこあめと甘酒。1日で200はふるまわれたという。
DSC06782_convert_20140306094231.jpg
s_IMG_0755.JPG
s_IMG_0753.JPG
s_IMG_0766.JPG
居心地の良さについつい長居を。
さあ、ゴールをめざして出発です。
ポイント5「角田市役所市民ホール」
市役所も見どころ満載ですが、手紙の説明を聞いた後、
一路スタンプラリー景品交換所へ。
s_IMG_0593.JPG
s_IMG_0873.JPG
s_IMG_0876.JPG
確かに受け取りました、牟宇姫マグネットです!
DSC06725_convert_20140306143003.jpg
s_IMG_0882.JPG

 あのお嬢様もゴールのようです。

さらに抽選で「角田の銘菓詰合わせ」が当たりますようと願いつつ。

DSC06716_convert_20140306142405.jpg

↓中身はこんなにたくさんの銘菓です(1200円相当)。

s_IMG_0498.JPG

素敵なお姫様が次々と誕生しておりました(ひめ変身コーナー)。

DSC01687_convert_20140306141336.jpg
DSC06609_convert_20140306141527.jpg
DSC06584_convert_20140306141427.jpg
DSC06691_convert_20140306141954.jpg
DSC06740_convert_20140306143314.jpg
s_IMG_0605.JPG
とにかく一番人気のイベントと言ってもいいのでは。
先着1日30人はいっぱいでした。

ここでも甘酒とひなあられのおもてなしです。

DSC06709_convert_20140306142320.jpg
DSC06659_convert_20140306141707.jpg

体験コーナー、つるし雛づくり

DSC06707_convert_20140306142159.jpg

 

DSC06676_convert_20140306141859.jpg

 

DSC06671_convert_20140306141802.jpg

           小さなお子さんでもできました。お裁縫もできた方がいいかな。

DSC06705_convert_20140306142054.jpg

こちらが完成品

s_IMG_0633.JPG
試食させて頂くと、とてもおいしい。
何と「桑のしずく」(桑の葉パウダー)入り、ドーナッツです。
s_IMG_0636.JPG
しかも完売ですよ。
s_IMG_0645.JPG
試飲させて頂きました。飲みやすい。
s_IMG_0638.JPG

次回はぜひ買い求めたいです。

最後はやはりおなじみの「貝合わせ」でしめさせて頂きます。

DSC06727_convert_20140306143123.jpg

 

DSC06732_convert_20140306143222.jpg

 

     はまぐりの貝殻の内側に絵がついていて、神経衰弱のように絵と貝殻が合った数の多い人が勝ちですね。なかなか貝殻があわないものですね。

2日間の歴史性のあるかくだ牟宇姫ひなまつりでした。

同時にひなまつりらしいイベントが盛りだくさん。

今年はとっても満足なひなまつりを堪能いたしました。

↓3/16まで角田市郷土資料館の雛人形企画展開催↓

http://www.kakuda-kankoubussan.jp/info/


posted by 梨の花 nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました