So-net無料ブログ作成
2017.10.11

角田市の中学生が「つるし雛」作りに初挑戦!

IMG_7742_convert_20170919155013.jpg
皆さんは牟宇姫ひなまつりに毎年飾られている
「つるし雛」をご存知ですか?
布で作られた小さな人形たちがゆらゆら揺れる
とってもかわいらしい雛飾りです。
なんと今年から初の試みとして角田市の中学生が
そのつるし雛を作ることになりました。
今回はその様子をレポートします!

つるし雛の由来は江戸時代に遡ります。
当時、雛人形は高価なもので庶民の手には届かなかったため、
「手作りで子どもや孫の節句を作ろう」
という親心から生まれたのがつるし雛です。

はぎれで作った小さな人形やお飾りを
竹ひごの輪から赤い糸に下げて吊るします。
そしてその人形や飾りには、
ひとつひとつに想いや願いが込められています。
IMG_7750_convert_20170919170434.jpg
2019年2月、伊達政宗公次女・牟宇姫が角田に輿入れし、
なんと400周年を迎えます。
それに向けて今年からつるし雛をバージョンアップし、
数も増やして華やかにしたい
と角田市では現在つるし雛作りに力を入れています。
しかし、作り手が不足しており、
限られた人数でどこまでできるかという不安がありました。

そこで、市内の中学生に協力してもらえれば
どんどん数を増やしていけるのではないかと考え、
生徒たちが初めてつるし雛作りに携わることになりました。
IMG_7747_convert_20170919155033.jpg
今回挑戦するのは、角田市立角田中学校の総勢150名!
目標数は1人20個です。
その数が全部集まると、つるし雛3本分に相当し、
きれいな白と紫色の藤の花が完成します。
IMG_7802_convert_20170919155241.jpg
講師を務めるのは、
つるし雛作りのベテランである地域のお母さんたち。
授業がスタートすると、
まずお母さんたちは折り紙を使い、
生地の扱いや針の通し方をわかりやすく教えていきます。
IMG_7783_convert_20170919155157.jpg
元気いっぱいでパワフルなお母さんたちに
最初は押され気味だった生徒たちも
時間が経つにつれて真剣な表情に!
IMG_7754_convert_20170919155045.jpg
「ここをこうして…」
「針はこうやって通すんだよ」
「こうやって型を取るといいかも」
などお母さんたちの熱心な指導が続きます。
IMG_7769_convert_20170919155133.jpg
「変なところに針を刺しちゃった!」
「難しいけど楽しい!」
など生徒たちも楽しんで作成するようになってきました。
IMG_7815_convert_20170919155410.jpg
1時間も経たないうちに、今回の目標数の3個が完成!
初めて作ったとは思えないほど形もきれいです。

実はこのつるし雛作りは二週に分けて行われます。
今回はお母さんたちが側について教えていますが、
次回は自分たちだけで作らなければいけません。
IMG_7759_convert_20170919155102.jpg
「次は1人でできるかな?」
「僕は1人で作れるよ!」
など生徒たちは不安そうでしたが、
お母さんたちからは
「これなら1人でも大丈夫!」と見事お墨付きをいただきました。

今回生徒たちが作ったつるし雛は
来年の3月3・4日の牟宇姫ひなまつりで飾られる予定です。
2019年までどこまで数を増やせるか、
今後も注目していきたいですね!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。