So-net無料ブログ作成
2014.12.30

角田市佐倉では「手打ちそば」販売中です。

いよいよ今年も大晦日を残すのみとなりました[時計]皆様年末はいかがお過ごしでしょうか。
 そして大晦日の夜[夜]といえば・・・「年越しそば」を食べるのが世の慣わしですね[わーい(嬉しい顔)]
そんな折、「角田市内で手打ちそばを製造・販売しているところがある!」という情報を耳にしたため、早速取材に行って参りました[ダッシュ(走り出すさま)]
DSC03354.JPG
角田市中心部から北東に位置する、佐倉地区の閑静な住宅街に居を構えるのはこちら「そば工房 光ファーム」さん。
自宅の敷地内に工房を構え、毎週金・土・日の3日間、軒先で自家製手打ちそばを販売しています。
DSC03356.JPG
門をくぐって最初に目[目]に飛び込んだのは大きな蔵!こちらのご主人はそばの原料となる「そばの実」の他に水稲(コメ)も栽培しているそう。
DSC03374.JPG
 こちらがご主人の工房。
DSC03370.JPG
そしてこちらがご主人の芳賀 光さん。この日は冬休み中のお孫さんと並んで撮影させていただきました[ぴかぴか(新しい)]。 
DSC03364.JPG
3年前に会社を退職し、水稲(コメ)の専業農家となった芳賀さん。 そばを打つようになったきっかけの一つは、1970年代より推し進められてきた国の減反政策(稲作を行う田んぼを他の農作物の栽培にあてたり休耕することで、米の生産量を調整すること)[ふらふら]。7年前の減反の際に受けた補助金を活用し、同じ地区の農家の方々数人と共同でそばの実を植え始めたそうです。その後、以前の会社で職場の先輩からそば打ちを教えてもらっていたこともあり、去年から本格的にそば作りを始めた[手(グー)]とのこと。
DSC03371.JPG
こちらが実際にそばを打つ際の作業台。通常そば作りを行う季節は、稲やそばの実を収穫した後の農閑期(のうかんき)である11月から3月だそうです。ちなみにこのように生産・加工・販売を一挙に行っている当工房は、まさにご主人のおっしゃるように「6次産業」の一つですよね[わーい(嬉しい顔)]
  
 DSC03363.JPG
写真は「麺棒(めんぼう)」で延ばした生地を、「そば切り包丁」を「小間板(こまいた)」にあてて切っていく様子です。
ちなみにそば粉は、茨城県発祥の「常陸(ひたち)秋そば」という品種を栽培、つなぎである小麦粉は宮城県産「ゆきちから」 を使用しているそうです。
DSC03365-1.JPG 
DSC03368.JPG
そして完成したそばがこちら[exclamation]1パック700円(2食分・つゆ付き、税込価格)、1日10パック限定で販売しています[exclamation×2] 
DSC03369.JPG
そしてなんと!特別に2パック頂けることになりました!ちなみに今年分の年越しそば(限定120食)の予約は取材に伺った12/26(金)の時点で既に終了してしまったそうです[ふらふら][バッド(下向き矢印)]。 

DSC03382.JPG
「そば工房 光ファーム」では、通常午前中にそばを打ち、正午から16時まで工房での販売を行っています。販売開始の際は写真のように、看板脇に「只今!!営農中」というのぼりを掲げます[モータースポーツ]。ちなみにのぼりが降りたら「販売終了」の合図だそう。
DSC03403.JPG
 後日、頂いたそばを実際に食べてみました。スーパーなどで売られている安価なそばと比べるとやはり味や食感、香りもさることながら、茹でたときの臭みやぬめりがほとんどないことに驚きました[手(チョキ)][exclamation] 
 また取材時に偶然お会いしたご主人のご友人(日頃ご主人のそばを購入頂いているそう。そばの食べ歩きが趣味だとか)に話を聞いても、やはり「市販のものより風味が良く、毎回食べたくなる」ほどだそうです。 
原材料は自家製のそば粉と県内産の小麦粉のみ、といった地場産食材安全・安心にこだわった自家製手打ちそば、この機会に是非ご賞味ください[ぴかぴか(新しい)]
そば工房 光ファーム 
【住所】宮城県角田市佐倉字一本木町51
【TEL】 090-1371-6335
【営業日】11月~3月 毎週金・土・日(不定休あり)
※2016年は、1月10日頃から営業予定 
【営業時間】 正午~16時
【料金】1パック700円(2食分・つゆ付き、税込価格)
※1日10パック限定販売
※予約可(前日まで)
詳しくはこちらからも→http://www.hikari-farm.jp/company.html
  

                                    
2014.12.26

東北歴史博物館で「ムカデ絵馬」を見てきました。

本日はクリスマス[クリスマス]、皆さんいかがお過ごしでしょうか、梅雀です。ちなみに角田でも週末「第6回宇宙クリスマス」が開催されました。その模様はこちら
先日当ブログでもお伝えしておりましたが今月13日(土)から来年の3月1日(日)までの期間、多賀城市の「東北歴史博物館」にて角田市福應寺に長年奉納され続けた通称「ムカデ絵馬」が展示されています。
そこで今回さっそく梅雀が見学に向かいました[手(チョキ)][ダッシュ(走り出すさま)]
・・・ 
仙台駅からJR東北本線(下り方面)[バス]に乗ることおよそ15分、「国府多賀城」駅を降りてすぐ目の前のところに「東北歴史博物館」はあります。 
 DSC03376.JPG
DSC03377,81,85,89.jpg
敷地内には約200台が停められる駐車場や、大勢のカルガモくんたちが仲良く戯れることのできる大きな池も備えています。当日は池に氷が張っていたため、氷上の上を歩くカルガモくんの貴重な姿も[グッド(上向き矢印)] 
DSC03391.JPG 
こちらが博物館の正面入り口。いざ見学[ダッシュ(走り出すさま)][exclamation]
DSC03392.JPG
館内は平日の午前中ということもあり、静かな雰囲気。 担当の研究員・学芸員の方にご挨拶した後、さっそく目的の展示室へ[exclamation×2] 
 DSC03370.JPG
こちらのテーマ展示室、本来は撮影厳禁とのことですが、今回特別に遠景の写真のみ撮影の許可を頂きました[exclamation]本当にありがとうございます[もうやだ~(悲しい顔)] 
DSC03368.JPG
室内にはおよそ50枚近くの「ムカデ絵馬」が展示されています。正式名称を「福應寺毘沙門堂奉納養蚕信仰絵馬」とするこれらの絵馬は、その名の通り「ムカデ」を描いたものだけでなく、「養蚕の作業風景」を描いたものから「ムカデとその他の題材(鳥居など)」を組み合わせたもの、さらには「百足・蜈蚣(ムカデ)」の文字のみを書いたものまで、その種類は様々。
会場では全11種類のテーマごとにそれぞれ3~4枚の絵馬を厳選して展示しています。
DSC03354.JPG
様々な種類がある「ムカデ絵馬」。しかしそれぞれの数は均等ではなく、 およそ23,000枚の絵馬のうち7割近くをムカデや関連の絵を描いた絵馬が占め、養蚕の現場や「百足・蜈蚣(ムカデ)」の文字を描いたものは全体の1割程と、希少なものだそうです。
DSC03359.JPG
展示されている絵馬の中には、ブリキ製のムカデが施されたものや、兎が一緒に描かれているもの、コミカルな子供の姿が背景に描かれているものなど、非常にバラエティ豊か[ぴかぴか(新しい)]。絵馬の形も四角形や五角形など様々です。担当の学芸員さん曰く、「絵馬によって出来・不出来があり、全く同じデザインの絵馬が複数発見されていることから、専門の絵描きが丁寧に着色・制作し販売していた絵馬もあったと思われる。また反対に素人が端材を使って墨で一気に描いたと思われるものも。絵馬のデザインによりそれぞれ作者の様々な思いが感じられ、そこが魅力の一つ」とのこと。
DSC03361.JPG
そして会場奥には、全部で2万枚超ある「ムカデ絵馬」の中からたった3枚しか存在しない、数十cm四方の[パンチ]「巨大絵馬」[パンチ]が堂々と控えています。絵柄はご来館の上、直接ご覧になってみてください[ぴかぴか(新しい)]3枚ともテーマの異なる絵馬であり、どれも圧倒されますよ[手(グー)]
・・・
ちなみに本博物館での展示終了後は、全ての絵馬が補修・クリーニングされ、角田市福應寺敷地内に来年建築予定の文化財収蔵庫にて、常時100枚ほどが展示される予定だそうです。
「お気に入りの一枚を見つけてください」とは学芸員さんの弁。皆さんも是非、My Favorite Ema を探しに「東北歴史博物館」へお越しください[exclamation×2]
【場所】宮城県多賀城市高崎1-22-1
【開催期間】2014年12月13日(土)~2015年3月1日(日)
【開催時間】 9:30~17:00 (発券は16:30まで)     
【観覧料金】一般400円(20人以上の団体は320円) 小・中・高校生無料
【主催】東北歴史博物館

詳しくは[次項有] 展示-展示一覧-展示案内  東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM


                      


2014.12.24

角田の新空間「Gomboppa」がフルオープン!

先日ご案内しましたコワーキングスペース「Gomboppa」(ゴンボッパ)が22日にオープンしました。

dsc07064.jpg
その記念として熱いイベントが開催されました。まさにこの空間の活用例ともいえる、起業家として志の高い方々によるトークイベントが行われたのです。img_3250.jpg
外は雪がちらついていました。会場の熱気でとけそうは、やや大げさかな[わーい(嬉しい顔)]

img_3229.jpg

トップは一般社団法人 MAKOTO代表 竹井智宏氏によるimg_3212.jpg
「世の中を良くしたいと志を持つ起業家が世界で最も成功しやすい仕組をつくりたい」という長~いテーマでのお話でしたが、内容は極めて簡潔。起業家を目指した人々の成功事例を披露してくださり、目からウロコの資金集め方法など貴重な情報をゲットしました。img_3233.jpg
さらに世の中は震災以降でも起業家らによって確実に動いているんだと実感。しかし、何事もモチベーションが大事で、上下するこの難物を維持またはアップさせるにも、この拠点を最大限利用するのが最善の方法かとも思った訳です。

二番手は地元代表の佐藤裕貴お米クリエイターさんが登場しました。
img_3243.jpg
1年のうちわずかですが裕貴さんを取材させて頂き、実際に動いている人の説得力、人を魅了させるオーラなるものの凄さに感じ入った次第です。
img_3248.jpg
懐かしい!もちフェスの際に作った米袋のハッピ。農業を楽しんで伝えていくーー裕貴さんの地元を思う気持ちは確実に実を結び、さらなる段階へと突入でしょうか。
最後に、飛び入りトークがこの方。
img_3260.jpg
「伊達ルネ」での彼女のプレゼンは秀逸でした。丸森筆甫地区で地域支援員の八巻眞由さんは、まるもり町青年団Re:birthの団長をも務め、「森のコミュニティカフェ」を中心に若い力で地域おこしに取り組もうとしています。
img_3262.jpg
一度覗いてみませんか?
詳しくはこちらから→http://gomboppa.ciao.jp/top/
≪住 所≫[郵便局]981-1505 角田市角田字泉町66 角田駅徒歩約1分
梨姫より:今年もお世話になりました。新年もステキな情報をお伝えできたらと思います。
     良い年をお迎えください[ぴかぴか(新しい)]

posted by 梨の花 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:仕事
2014.12.23

角田産秘伝豆を使用!「マルブン食品」に行ってみた。~後編~

お待たせしました[手(グー)]、塩釜市に本社を構え、角田産秘伝豆を使った製品を販売されている「マルブン食品株式会社」さんの工場見学レポ後編です[ダッシュ(走り出すさま)]。前編はこちら
・・・ 
前回までは製品の生産工程のうち、「原料の混合(ブレンド)[次項有]成型[次項有]揚げ」をご紹介。次はいよいよ製品の「包装・出荷」です。
DSC04889.JPG
写真は油きりの後、別室の放冷機までコンベアで運ばれる[グッド(上向き矢印)]「野菜天」の図。この後の工程である「包装」のため、製品を冷ます必要があるわけですが、急激に冷やすことで風味を損なわないよう、放冷機を使って時間をかけゆっくり冷却する[バッド(下向き矢印)]とのこと。 
  
DSC04895,99,901,903.jpg
放冷機で十分に冷ました製品は、20人余りのパートさんたちの手により、次々と包装・箱詰め、仕分けされていきます。
一日に全体でなんと3,500ケース、約2万パックの製品がこの工場から出荷されているそうです[目][exclamation]
DSC04902.JPG
そして出荷場の中には・・・角田産秘伝豆を使った「豆乳団子」の姿も[exclamation]
さて、工場を見学させて頂いた後は、事務所にて本社佐藤文行社長に、「豆乳さんかく」や「豆乳団子」について開発経緯など色々お話を伺いました。 
 IMG_8952.JPG
まずは写真下の「豆乳団子」 5年ほど前に開発・販売を始め、当初はすり身に練りこんだ高たんぱく・低カロリー[ぴかぴか(新しい)]の豆乳を前面に押し出した商品だったそうです。また材料である6種類の野菜も、現在とは異なり輸入物も使用していたとのこと。しかしそれまで使っていた台湾産の枝豆は、味や色があまり良くありませんでした[ふらふら]。そのため県内産の枝豆を探したところ、角田市役所の方から角田産秘伝豆を紹介され、以来角田市内の授産施設である「虹の園」さんから加工・冷凍された秘伝豆を2年前から供給してもらっているとのこと。
1年目は年に1トンの豆を「虹の園」さんから、今年は「虹の園」さんに加え「産直広場 あぐりっと」さんからも計2トン超([exclamation])の秘伝豆が供給されているそうです[ダッシュ(走り出すさま)]。 
佐藤社長曰く、「味と香りが別格[ぴかぴか(新しい)]で、鮮やかな緑色も角田の秘伝豆だからこそ」 とのこと。昨年から発売されている「豆乳さんかく」と合わせ、地元塩釜はもちろん、県内では特に冬場、鍋の具材として売れ行き好調だそう。HPからも注文を受け付けており、パーティー用としての注文も多いとか。 
320-1.jpg
ちなみに佐藤社長から「オススメの食べ方」も教えていただきました[exclamation]写真のように茹でた団子にあんかけをかけて食べたり、フライパンでサッと火を通し、大根おろしとポン酢で頂くのもイケるそうです[手(チョキ)]。 
そして現在、角田産の「すずこま」トマト(角田在住の「お米クリエイター」、佐藤裕貴さんも生産しています) や蔵王産のバジルを使った新商品を開発中、来春発売予定だそうです[exclamation×2]
DSC04905.JPG
最後に「豆乳団子」と「豆乳さんかく」を両手に携えた佐藤社長をパチリ[ひらめき]
お忙しい中インタビューを受けていただき本当にありがとうございました[わーい(嬉しい顔)][exclamation]
毎年秋に角田駅駅前で開催される「角田ずんだまつり」や今年の「ジャズフェス」にも出品、大変好評だったとの「豆乳団子」「豆乳さんかく」塩釜市観光物産協会(仙石線本塩釜駅前)を始め、宮城県および関東圏のスーパー(生協など)にて秋・冬限定で販売中です。もちろん角田市内のスーパーでも販売してますよー[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]
皆さんもお近くのスーパーで是非お買い求めになってはいかがでしょうか。
・・・
「株式会社マルブン食品」HP→http://www.marubun-s.com/ecshop/  
お問い合わせ先 (HPより転載)

マルブン食品株式会社

マルブン食品 カスタマーサポートセンター

〒985-0001 宮城県 塩釜市新浜町3-16-15

電話番号:022-365-3125

FAX :022-365-3115

E-mail :info@marubun-s.com



2014.12.22

コスモハウスのイルミネーションは25日まで楽しめます!

第6回「宇宙クリスマス」が20日、21日開催されました。

img_2827.jpg
とっぷりと暮れる前の様子です。本日角田のデートコースを楽しまれたのでしょうか?若いお二人が「宇宙クリスマス」へと向かわれます。
img_2829.jpg
前日の雨模様とは違って2日目は澄んだ空気にライトアップが一段ときれいに浮かび上がっていました。何やら展望台が楽しそうですね。
img_2846.jpg
今年は入口付近をイルミネーションに絞り、すっきりと大人の雰囲気を演出でしょうか。今年も2日間で来場者が800人を超えたという、人気のイベントです。
Fotor122210287.png
混み合う前に、展望台からの角田の夜景を楽しもうと思います。乗り込んだエレベーターには可愛いらしいお出迎えがあり、中からH-Ⅱロケットがこんな風に見えました。
img_2857.jpg
目の前のステキな光たちに目を奪われながらも、角田の夜景を楽しみました。
img_2859.jpg
チケット500円に含まれていた「まえばし菓子店のロールケーキ」、ソフトドリンクも絶景を前にさらに美味しそうです。
Fotor1222103248.png
みんな大好き、ジミー博士の風船です。
次は地上を見てみます。
Fotor122210187.png
今夜のためだけに結成された「One Nightコスモクラシカル」のライブです。チューバ、フルートの演奏に続き、コーラスが。クリスマスはこれがないと盛り上がりませんよね。
img_3184.jpg
角田市観光PRキャラクターひかりちゃん☆も子どもたちとクイズにジャンケン[手(グー)][手(チョキ)][手(パー)]
img_3036.jpg
ガブリくんの御用納め?抽選の合間にガブガブです。
img_2976.jpg
このお二人をご紹介します。『ココカクダ』で宇宙クリスマスの開催を知り、駆けつけてくださいました。「第501軍団 日本部隊」さんです。スターウォーズファンで構成される世界的規模のコスチューミング団体だそう。すべてボランティア。前日のダースベイダ―などは迫力満点だったそう。本日ストームトルーパーに扮しているのが佐々木さん、入隊を果たしたばかりの遠藤さんです。出演依頼などみなさん、お声を掛けてみたらいかがですか?
詳しくは→http://501st.jp/
Fotor1222103512.png
今年のイルミネーションは?新顔も含め、ステキな演出ですね。
img_3131.jpg
比較的暖かく、外のイベントも盛況でした。
fotor1222104330.jpg
中でも「ロケットストーブでマシュマロ焼き」が、子どもたちに人気でした。温まります!
img_3047.jpg
恒例の阿武隈天文同好会によります、「冬の天体観測会」です。風がなくやや苦戦しましたが、雲の切れ間に星が見えた瞬間、歓声が上がりました。
img_2836.jpg
25日(木)の[クリスマス]クリスマスまでステキな「H-Ⅱロケットライトアップ&イルミネーション」をお楽しみください。夜間開館12:00~19:00(最終入場は18:30)
【会 場】角田市スペースタワー・コスモハウス


posted by 梨の花 nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:地域