So-net無料ブログ作成
検索選択
2015.01.30

金賞「白菜の糀つつみ漬け」=角田つけものコンテスト=

ご覧の大根。この倍の量、100本が「第5回ザ・地産地消 角田つけものコンテスト」金賞の副賞です。一体どなたの手に?

img_4087.jpg

角田にはたくさんの食材があり、旬のものを活かした美味しい漬物が食卓に並ぶことも多いのでは。私はご近所で頂くお茶うけでも楽しんでおります。
今回「郷土食あふれる角田らしい漬物」をテーマに1/25、角田つけものコンテストが行われました。応募基準は、角田の食材が主原料だそう。保存性に優れ、見た目もきれい!そんな美味しい漬け物を作った方に与えられる栄誉です[ぴかぴか(新しい)]

img_4084.jpg

昨年11月からレシピを募集。58の応募から選ばれたのが8作品です。

_mg_0504.jpg
新関さとみ(さとみの漬物講座企業組合理事長)さん、畑中咲子(宮城県産業技術総合センター)さん、早坂久美(フードコーディネーター)さんら特別審査委員に一般審員が加わり、投票がなされました。
img_4040.jpg
私も審査させて頂きました。どの作品もご飯片手に味わいたいところですが、見た目のきれいさ、私の味の好みもあり、何とか3品を選びました。ヤーコン、ごぼう、むかごなど珍しい食材にチャレンジした漬物もいい感じに仕上がってました。
そして迎えた結果発表です。
金賞はこちら↓
_mg_0418.jpg
「白菜の糀つつみ漬け」志野奈津子さん。
img_4113.jpg
大根をお子さんが受け取る?
img_4164.jpg
「産直広場あぐりっとの仲間からアドバイスを受けて仕上げました」とは、職場のみなさんの喜ぶ顔が浮かびますね。見た目のきれいさと味の深みに私も感動しました!
Fotor0130104610.png
銀賞は「赤カブの柚子巻き」門馬哲子さん。上品な味でした。
fotor0130105910.jpg
同じく銀賞、「干し柿と白菜のザワークラフト」ホーリーパンでお馴染み堀畑俊一郎さん。「角田の食材は?から始まり、干し柿に着眼。それと白菜を組み合わせてザワークラフトでまとめると酸味がきいた甘みのある味になりました」。中学生の参加がとても会場を明るくしていいことだと思いますとの感想も頂きました。
Fotor0130104331.png
銅賞「むかごのしょうゆ漬け」清水正倫さん。むかごとは目の付け所がナイスです。ほろ苦さがまた良かった!
Fotor0130104824.png
 同じく銅賞は「たくあん漬け」毛利よし子さん、
「へぼきゅうりのさっぱり漬け」門馬結花さん。
Fotor0130103944.png
特別賞「つけものだんご」「ぐもね漬け」。
この中から商品化され、角田の名産品となる日が意外に近いかもしれません。それだけレベルの高いコンテストだったと思います。しかし最後まで100本の大根はどうしたのかが、気になります[わーい(嬉しい顔)]
【受賞作品の詳しい好評はこちらから ↓ ↓ ↓ 】

posted by 梨の花 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:グルメ・料理
2015.01.21

親子で学ぶ食育です!=東根児童センター=

 東根児童センター主催、「第3回親子クッキング教室」が1/16、ウェルパークにて開催されました。
img_3565.jpg

本日の献立はこのパンフを参考に、「ゆかりしらすおにぎり」「やさいカミカミ和え」「かんたんスパニッシュオムレツ」「ヨーグルトのパフェ」の4品。

img_3559.jpg

お子さんは4~5歳が対象です。なかなか難しそうなメニューもあり、まずはお手並み拝見といきますね。

img_3572.jpg
男の子です。ジャガイモの大きさが揃ってます!
img_3581.jpg
こちらの女の子は何を切っているのでしょうか?
img_3588.jpg
ちゃんと猫の手でソーセージを。日頃の成果が出ていますね。
img_3673.jpg
玉子を溶いて、次は?
img_3652.jpg
鮮やかな色々で食欲増進中。 
img_3698.jpg
さすがお母さん。スパニッシュオムレツの一番の難所を難なくこなしています。
img_3699.jpg
娘さんから尊敬のまなざしが……。
img_3694.jpg
 カットフルーツをとりわけ、デザートの準備。img_3755.jpg
おにぎり握ってもうすぐ完成ですね。
img_3792.jpg
東根児童センター・高橋文子館長(写真左)は「日頃忙しい親御さんも、今日はお子さんと一緒に料理を通して楽しいひと時を過ごしてほしいですね」と話されていました。
img_3794.jpg
朝早くから、みなさんお疲れさまでした。こちらが完成作品です↓
Fotor0121161047.png
彩り豊かですね。目で味わった後、しっかりご馳走になりました。全体的に薄味なので、食材の味そのもののを十分楽しめましたよ。オムレツのジャガイモがいいですね。
img_3817.jpg
自分で作ったお料理の味は当然格別ですね。 
img_3819.jpg
日頃やや苦手な野菜も「カミカミ和え」で美味しく頂きました。
img_3789.jpg
最後になりましたが、1月のお誕生日、おめでとうございました[バースデー][ハートたち(複数ハート)]

2015.01.19

息を飲む美しさ、「つるし雛」が完成です!

img_3363.jpg
「息を飲む美しさ」とはこんな感じでしょうか。
七宝てまりを一つひとつ仕上げては箱に保管。蓋を開けるたびにきれいだなあとながめてしまうとは受講者さんのお言葉。
img_3364.jpg
 招福をふくろうに込めて!
img_3371.jpg
柿も布の感じでご覧のような違いが。
img_3393.jpg
何とも愛くるしいさるっこ。
角田自治センターで昨年から開催されていた『つるし雛をつくろう』という人気講座が1/15(木)に最終を迎え、個性豊かな作品の仕上げ段階を見せていただきました。
6回の講座でここまで作りあげられるみなさんの実力にほぼ脱帽です。何しろどの作品も味わいがあって素晴らしいのです。
img_3368.jpg
これがつるし輪。これに今までの作品を飾りつけしていきます。
img_3389.jpg
上部は3本の糸で均等に結び、センターにぶら下げる紐を巻き込みます。
img_3402.jpg
マチバリで2か所をおさえ、全体のバランスを考えながら縫っていきます。
img_3385.jpg
一番時間を要した七宝かざりの型紙です。細かくて根気のいる作業ですよね。
img_3383.jpg
 1本に最高5個まで飾り付けられます。
Fotor0119102035.png
細川正子先生(写真左上)ら、「ひまわり会」の皆さんが講師です。
img_3417.jpg
ぶら下げた時のバランスも考えて……。美味しそう。
img_3377.jpg
開講初の男性受講者・荒川三郎さん。最初はまっすぐ縫えなかった、とはご本人の弁ですが、そのお言葉を疑いたくなるような素晴らしい作品です。荒川さんの創意工夫が各所にあふれていました。
Fotor0119100726.png
その一つ。布地は100均からと、ユニークな仕上がり。しかも子連れは荒川さんのオリジナルです。ぶら下がり方もいろいろでした。
img_3439.jpg
 お裁縫をきちんと身につけられた方々だから、すんなり習得されているような。
img_3440.jpg
最後まで気を抜いていません。
img_3490.jpg
出来上がった方から、吊り下げていきます。
img_3520.jpg
「つるし雛」とは、長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して、雛壇の両脇に細工を吊すものだったそう。過去においては庶民の雛壇代りでもあったとか。みなさんの願いを込めて、だいぶ出来上がってきました。
img_3523.jpg
最後に作品を背景に記念撮影を。みなさまお疲れ様でした。いい笑顔で閉会ですね。
img_3537.jpg
本日完成の作品をはじめ、「ひまわり会」の方々によるつるし雛が『第4回かくだ牟宇姫ひなまつり』会場に飾られます。日時は2月28日(土)と3月1日(日)。会場は角田市郷土資料館(角田市角田字町17)と商店街です。日時が迫りましたら、「ココカクダ」で内容をご確認のうえ、ぜひお出かけください。
[フリーダイヤル]おまけです[フリーダイヤル][フリーダイヤル]
Fotor011994711.png
どうしても気になるものが。このピンクのプラスチック製品は何ですかと尋ねると、「糸通し」だと!ちょっとピンが甘いのですが、針孔を下にしてさし、糸をわたしてボタンを押すと、通っているんです、糸が!「す、すごい[ふらふら]

2015.01.17

はだか参りに参加してみた~第28回どんと祭はだか参り~

[ひらめき]あけましておめでとうございます[ひらめき] 
2015年初ブログの梅雀です。
去る1月14日(水)、県内では各地で「どんと祭」や「裸参り」が行われましたね。皆さん参加されましたでしょうか?梅雀は小学生以来久々に参加しました。もちろん、県内一過酷[パンチ]と言われている「第28回かくだどんと祭はだか参り」[exclamation]例年「GO!角田」ブログにて裸参りの模様をお伝えしておりましたが、今回は初の「体験レポート」となります[ダッシュ(走り出すさま)]
・・・
集合時間の17時に角田市商工会館を訪れると・・・ 
DSC03508.JPG
皆さんさっそく裸参りの準備をされています[手(グー)]。頭には白はちまき、体にはさらしを巻いた上からしめ縄をつけます。そして白足袋をはいたら準備完了です。 今年は雪が降った一昨年などと比べると、快晴で気温もあまり低くなく風もないためGood Condition[右斜め上] だそうですが、やはりこの格好は少し寒いですね。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
会場内では体を温めるための鍋やお酒も用意されており、梅雀もあまり飲めないながらも日本酒を頂きました[るんるん]。体の内側から温まります[いい気分(温泉)]
DSC03512.JPG
 着替えが終わると、石川商工会青年副部長が市内を参拝する際の隊列を説明。その後18:00から出発式が行われました。
DSC03513.JPG
まずは三由青年部長がご挨拶。今年の裸参りには市内の企業や近隣の市町村等からの参加も合わせ、計69名が参加(女性も5名参加)と例年並みの人数だとか。ちなみに隊列の後方には地元のスポーツ少年団のちびっ子も加わり、100名以上の大行列となりました。 
DSC03516.JPG
角田市大友市長からもご挨拶いただきました[exclamation]
DSC03525.JPG
そしていよいよ18:30、参加企業・団体ののぼりやちょうちんを持って商工会を出発[exclamation]背中にカイロを貼って完全装備の方もいらっしゃいました(笑)。
角田の裸参りでは市内の神社計6か所(天神社、神明社、八幡神社、金刀比羅神社、青麻神社、斗蔵神社)を回り、角田の皆さんの一年間の家内安全、無病息災、商売繁盛、五穀豊穣を祈願します。またその際に厄祓いのため、「ヤーホイホイ」[手(グー)]の掛け声と共に、わらで作られた「鳥追い棒」を地面に叩きつけながら市内を移動します。
DSC03529.JPG
各神社の境内では正月に使用した門松やしめ縄、松飾りを燃やす「御神火」が焚きあげられていましたこの火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送るものとされており、あたると心身が清められ、1年間無病息災・家内安全のご加護が得られるそうです。

DSC03537.JPG

例年に比べ暖かいとはいえ、やはり真冬の夜[三日月]。梅雀も暖をとる、もとい心身を清めるためすかさず火にあたりにいきました[わーい(嬉しい顔)]
DSC03538.JPG
 3か所目はあの伊達政宗の叔父である石川公の氏神様が祀られており、角田市の総鎮守である「八幡神社」

ちなみに境内に入るときは、私語を慎むため「含み紙」と呼ばれる紙を口にくわえます。

第28回どんと祭裸参り集合写真.JPG
参拝が終わった後、鳥居の前で記念写真をパチリ[ぴかぴか(新しい)]。 
DSC03543.JPG
次の神社に向かう途中、「お食事処 宮崎屋」さんの前で休憩。そばのおふるまいがされていました[exclamation×2]寒空の中、本当にありがたいです[もうやだ~(悲しい顔)]。もちろん梅雀は遠慮なく頂きます。かつおだしがきいた汁を全て飲み干すと、冷えた体が温まり生き返ったような気分でした[グッド(上向き矢印)]
DSC03547.JPG
その後さらに「本町休憩所」でフランクフルトなどを頂く&たき火で暖をとりました。
そしてここからは別ルート[右斜め下][右斜め上]
[1]商売の神様を祀る「金乃比羅神社」→病気に対して霊験あらたかな神様を祀る「青麻神社」を巡るルートと、[2]斗蔵山の頂上に位置し、五穀豊穣の神様と縁結びの神様を祀る「斗蔵神社」を参拝するルートです。梅雀をはじめ20人ほどはバスに乗って斗蔵神社へと向かいました[バス]

DSC03551.JPG

山のふもとでバスを降り、そこから頂上の斗蔵神社まで冬の大行軍[雪]。 足元にはわずかな明かりがあるのみで、先頭の懐中電灯を頼りに暗闇をひたすら歩きます。神社までの山道を歩くことおよそ15分、頂上に着くころにはおかげで(?)体が温まっていました[手(チョキ)]

DSC03565.JPG
神社で参拝を終えたのち、参拝客のみなさんに向けて餅まきです。梅雀は撮影のため参加できず[あせあせ(飛び散る汗)]。来年こそは・・・[exclamation] 
その後境内でふるまわれていた甘酒や豚汁を頂き、最後に裸参りの締めくくりとして道中使っていた鳥追い棒やしめ縄を御神火に放り込み、焚きあげてもらいます[ぴかぴか(新しい)]
DSC03567.JPG
その後下山、バスに乗り21:00頃予定通り商工会館に到着。
梅雀は裸参りに参加するのは初めてで正直内心不安でしたが、終わってみれば県内の貴重な風物詩を肌(裸)で体感することができ、とても貴重な経験をさせて頂くことができました[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]。今年のような天気・気温であれば来年も参加してみようかな?と思ったり。
最後に、[ひらめき]角田の皆さんに今年一年ご利益がありますように[exclamation×2][ひらめき]

2015.01.07

フリーペーパー撮影は絶好調です!

見事に澄んだ青空。前方にそびえ立つ蔵王が今日も美しい!ですから、外気の冷え込みはなかなかのものでした!お馴染みの「あぐりっと」からの風景です。

img_2768.jpg
私たち「角田観光フリーペーパー撮影隊」は昨年12月より撮影をスタートし、ここまで順調に進行しております。年末の忙しい時期に、何より角田のためにと多くの方々がご協力くださったことで撮影・取材が実現しました。心より感謝致しております。本当にありがとうございました[exclamation×2]現在2月発行を目指して、編集サイドも追い込みに入っております。
IMG_3287.JPG
昨年夏より角田市民代表の方々と、この街の素晴らしさをフリーペーパーでどう伝えるかを数回にわたる編集会議で検討を重ねてまいりました。この間たくさんの取材スポット、おもしろ編集アイデアが次々と提案されました。その結果、ありのままの、そして日常の角田の人々、風景、物を写真を効果的に使ってお伝えしよう決定した次第です。
img_2523.jpg
今回その発行に先立って、撮影の様子のほんの一部をご報告したいと思います。あえて取材にご協力頂いた方々がどなたかを、この段階では公表致しませんね。ぜひ出来上がりを楽しみにして頂けたらと。
img_2438.jpg
撮影しようともなかなか客足が途絶えません。
dsc06548.jpg
一度も商売が辛いと思ったことがないという3代目の真剣なまなざし。
img_2727.jpg
ホルモンスープ炒飯はこの日も極旨!
img_2762.jpg
熱いスタッフと代表!
img_2774.jpg
ナイスなディスプレイ!
img_2780.jpg
昨年もクリスマスケーキをたくさんデコレートしたのですね?
img_2803.jpg
真上から人気のラーメンを撮影。
img_3295.jpg
 美味しいビールと優しいまなざしがあれば……。
img_3345.jpg
 繁盛店でなかなかご店主のインタビューにこぎつけず。
◇◇◇
 いかがですか?角田のみなさんの明るく、優しい、素敵なかお、かお、かお。完成のあかつきにはぜひみなさんの手に取っていただけるよう、総仕上げも頑張ります[パンチ]
◇◇◇
日頃より「交流人口100万人達成」を目標に角田市の魅力をお伝えしています。
角田市観光情報は当ブログのほか、こちらからもご確認ください。
→「ココカクダ」http://kokokakuda.jp/

posted by 梨の花 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ: