So-net無料ブログ作成
検索選択
2017.04.13

安心・安全の世界ブランドが角田に!

IMG_3558.JPG
仙台方面から柴田町槻木経由で角田市中心部に向かうと左手に見える大きな風車。
ご覧になったことがある人も多いではないでしょうか?
この風車はホーチキ株式会社の工場施設内にそびえたっているものです。
ホーチキってどんな会社?何をつくっているの?
そんな疑問におこたえすべく、平成28年度市民大学講座受講者の皆さんと
角田市江尻にある宮城工場に潜入!工場見学の様子を大ボリュームでレポートします!

続きを読む ➜


2016.10.26

簡単あったか!ペール缶のロケットストーブ作り

IMG_2286.JPG
簡単に手に入るもので、燃焼効率のいいストーブができること、知っていますか?
ストーブの名は「ロケットストーブ」!宇宙のまち・角田にぴったりな
わくわくするような名前ですよね。

続きを読む ➜


2016.08.09

子ども図書館で絵本に親しむ時間を!

IMG_1503.JPG
梅雨明けし、本格的な夏が到来。連日暑い日が続いていますね。
外を歩くだけで汗がじんわり…
日差しの強い日中は、涼しい場所で過ごしたいところ。
そんな日におすすめなのはズバリ!図書館です。 

続きを読む ➜


2016.03.07

「角田宇宙センター開設50周年記念式典」が行われました☆ミ

utyu_01.jpg

小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ成功、金星探査機「あかつき」金星周回軌道への投入に成功など日本ロケット界の明るいニュースが続いていますが、このロケットの打ち上げ成功に角田市が大きく関わっていることは知っていますか??
「角田宇宙センター」では、ロケットの心臓部であるエンジンの開発を行っています。
このエンジンがないと、ロケットは打ちあがりません!心臓部と言うだけあって、とっても重要な部分なのです。
角田とロケットの関係はちょうど50年前から。その50周年を記念して、『角田宇宙センター開設50周年記念式典』が行われました。

続きを読む ➜


posted by 米里 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:日記・雑感
2015.02.17

牟宇姫の巻きずしを作ってみましょう!=鈴木美和子先生=

IMG_4646.jpg

お久しぶりでございました、牟宇姫さま。角田のこめコンテスト以来でしょうか。初めてお会いして、試食するのがとっても申し訳ないと思った事を覚えております。それが今回、姫さまの作り方を拝見できるとは……また感激です。
◇◇◇
飾り巻き寿司マスターインストラクターの鈴木美和子先生の教室を見学させて頂きました。

IMG_4653.jpg
鈴木先生からレシピの説明があり、早速すし飯をきちんと量るところから始まりました。◇◇◇
因みにみなさん、飾り巻き寿司をご存知ですか?
飾り巻き寿司は、江戸前寿司の技術の一つ「細工寿司」と房総地方の郷土料理「太巻き寿司」の技術から独自の発展を経て生まれた、新しいジャンルのお寿司だそうです。子供に人気の動物やキャラクターなどさまざまなデザインがあり、目でも楽しいし、食して美味しい巻き寿司ですね。でも作るとなると、難しいのでしょうか?IMG_4658.JPG
手前の3つのかたまりが髪、顔、体の部分と覚えておいてください。IMG_4663.jpg
大きなかたまりを海苔2分の1で巻く。IMG_4665.jpg
まきすと海苔はぴったり揃え、すし飯も手前に。IMG_4667.jpg
まきすで巻き上げ、
IMG_4668.jpg
出来上がりはこんな感じです。これが顔の部分。つまりパートをすべて海苔で巻いて、最後に積み上げる感じでしょうか。

FotorCreated - コピー.jpg
もう一つの固まりに、でんぶなどでピンクに色付けします。そして同じように巻き、これが体の部分に。
IMG_4670.jpg
この美味しそうな玉子焼きも海苔で包みます。
IMG_4697.jpg
ご飯粒を伸ばして長めの海苔を作ります。多分これが外側の海苔。
IMG_4700.jpg
海苔の中央に台座となる玉子焼き。
IMG_4701.jpg
次に体。
IMG_4704.jpg
あらかじめ顔になる一本に黒練りごまで黒くしたすし飯を乗せたもの。縦まっすぐに乗せていますね。
IMG_4717.jpg
ここでかまくらに入ったかのようにご飯に包まれていますね。最初に量った小さな5つの固まりを広げていきます。頭は1個分、両側は上下2段で広げます。
IMG_4718.jpg
正面からはこんな風。段々と姫様に見えてきましたね。
IMG_4720.jpg
ここで一気にまきすで仕上げます。
FotorCreated.jpg
私にとっては目からウロコの情報なんです。巻きずしを切る際にぬれ布巾で必ず一回ごとに包丁を拭いて切らないときれいに出来ません。鈴木先生はさらにきれいな切り口のために、酢水に刃先を浸し、そのまま上向きにすると、酢水が刃の根元まで垂れてくる。
IMG_4743.jpg
そのまま包丁を入れると、
IMG_4745.jpg
きれいな断面が現われました。もちろんまた1回切るたびにこの動作は必要です。
IMG_4760.jpg
最後に姫様のメイクアップです。
IMG_4769.jpg
黒ゴマで目を、ヤマゴボウの味噌漬けでオレンジ色の扇。さらにでんぶでほほ紅を。いやあ、面白いですね。みんな首をかしげて、可愛い表情です。
IMG_4822.jpg
さてもう一作品。お馴染みのキャラクターなんですが。
IMG_4829.jpg
海苔をパンチして、細かいパーツを作ります。
IMG_4779.jpg
はい、トトロです。目の感じでだいぶ表情が違いますね。
IMG_4856.jpg
どうですか、本日の作品。見事な出来栄えですよね。作ってみたいと思いませんか。
IMG_4862.jpg
こんなひなまつりバージョンもあります。
自宅にてお味見をさせて頂きました。抜群の美味しさでした[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]鈴木先生のすし飯の旨さに加えて、でんぶから玉子焼きまですべて美味しいものを使われていますね。食材の絶妙なバランスの良さに食べてもファンになった次第。
◇◇◇
2/28,3/1に開催される「第4回かくだ牟宇姫ひなまつり」では、鈴木先生のご指導もと、ご覧の「むう姫巻きずし」作りが体験できます。親子で参加できますので、奮ってご参加ください。事前に予約が必要です。[電話]0224-63-2120(角田市商工観光課)
【参加料、準備物など詳しい情報はこちらから】
                  → http://kokokakuda.jp/?topics
◇◇◇
【鈴木美和子先生 飾り巻き寿司教室のご案内】
レッスンは2時間で4000円(2種類の飾り巻き)。1クラス4人まで。個人で申し込みの場合は先生にご相談を。先生の優しい指導で、明るく楽しい教室です。お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先[電話]080-6039-4908(午後1時~8時の時間帯のみ)
【鈴木先生の情報はこちらから】↓         https://www.facebook.com/miwako.suzuki.12382

posted by 梨の花 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:グルメ・料理