So-net無料ブログ作成
2014.12.11

「産直広場 あぐりっと」で新商品をチェック!!

クリスマス[プレゼント]まであと2週間[exclamation]を切りましたね、梅雀です。

~お知らせ~

角田でも[夜]「第6回宇宙クリスマス」[クリスマス]が20(土)、21(日)に開催されます[exclamation]

詳しくは「ココカクダ>イベントのお知らせ>【12月20日(土)・21日(日)】第6回宇宙クリスマス

 ・・・

先週、角田駅から車で15分ほどの所にある、「産直広場あぐりっと」さんへ新商品をチェックしに行ってきました[exclamation×2] ちなみに梅雀が来るのは初めてです[ダッシュ(走り出すさま)]

~これまでの記事[右斜め下]

産直広場 あぐりっと(ココカクダ)                                                           元気な百姓の店 あぐりっと・かくだ                                                         稲Cafe あぐりっとで健康ランチ☆

角田駅から、「角田宇宙センター」方面へ農道を進んでいくと・・・[車(セダン)]

DSC07070.JPG
田んぼの中にあるので一目でわかります[わーい(嬉しい顔)]
DSC07049.JPG
DSC07051,52,54,60.jpg
店内では旬の角田産野菜や果物、新米から、角田産秘伝豆を使った「ずんだ大福」(税込130円)、原材料の96%が角田産、なおかつ保存料などの添加物を使っていない(無添加)、素材の味を活かしたプリン(コーヒー・かぼちゃ・ハチミツ、各種税込220円)など品ぞろえ豊富に販売されています[ぴかぴか(新しい)]
DSC06988.JPG
DSC04939.JPG
お店の入り口では焼き芋も[exclamation×2]11月から4月の間、一本120円(税込)から好評販売中です。
そして[手(グー)][exclamation]お待たせしました、あぐりっとマネージャーさんが一番にオススメする、新商品のりんごジャムです[るんるん]
DSC06992.JPG
あぐりっとでは「角田の農産物を自ら加工する直売所」というビジョンの下、今年7月に加工場が新設されました。当日お話を伺った堀米代表によると、以前は農産物の直売をメインに行っていたとのこと。しかし震災後風評被害の影響もあり市外からの客足が減少[ふらふら]、それをきっかけに角田産の農産物を使った加工品の開発・販売にも力を入れ始めたそうです[手(グー)]。加工品は季節に左右されず、なおかつ使われる材料の生産者にとっては励みになる、とは代表の談。ある種の「援農」とも呼べる、「生産者(農家)とお客様の橋渡しとなるような加工品」を目指し、鋭意開発中[次項有]とのこと。
そしてこちらのりんごジャム、なんと収穫してから5時間で完成したそうです。 しかも無添加[exclamation]
角田産のりんごをふんだんに使用しており、品種(紅玉・ジョナゴールド・王林・ふじ・陽光の5種)によって色や風味も違うので、ぜひ食べ比べてみてください(各種税込400円)[手(パー)]。このほかにいちじくのジャムも販売しております[exclamation]
DSC07068.JPG
そしてお昼は併設されている「稲caféあぐりっと」にてオリジナルのカレーライスを頂きました(550円)[喫茶店]
近隣の皆さんはもちろん、市外の方も角田に来た際は是非「産直広場あぐりっと」へいらしてください[ぴかぴか(新しい)]
産直広場あぐりっと
【住所】角田市毛萱字舘下11-4
【営業時間】 9:00~18:00(3~10月)、9:00~17:00(11~2月)
【定休日】年末年始
【駐車場】あり(約30台)
【アクセス】角田駅から車で15分
【TEL】 0224-65-3887
  

                               


2014.11.27

葉っぱ市直売所&角田市役所内市民食堂に行ってみた

4回目の登場、梅雀(ばいじゃく)です[パンチ]

  先日角田市横倉にある産直市場、「葉っぱ市直売所」に行ってきました[exclamation×2]

DSC02985.JPG

スーパー「味工房めいじ」さんの店内に併設されている同直売所。今回インタビューを受けて頂き、角田市で農業をされている代表の松沢栄子さんが、農家仲間の方々と計10人で立ち上げたそうです[手(チョキ)]。現在は10数か所に直売所がある角田市ですが、市内で最初の直売所として1997年(平成9年)に設置したとのこと。

DSC02930.JPG
DSC02950.JPG

店内では野菜・果物・漬物などの加工品・お花など品ぞろえ豊富に販売中。今の時期は旬の梨やプラムがよく売れるそう。その日のうちに採れた新鮮で旬のものが一般のスーパーより2~3割([exclamation×2])安く手に入るということで、目当てのものを買うために朝7:00の開店後すぐに来られる方もいるとのこと。リピーターのお客様も多く、「〇〇さんの作る野菜を買いに来ました!」という方も。

DSC02929.JPG

インタビューの最後に、松沢さん(左から2番目)、農家仲間のお二人、そして「味工房めいじ」の店長さん(右端)で写真をパチリ。皆さんお忙しい中ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

 「葉っぱ市直売所」は元旦(1/1)を除いて常に営業しております、新鮮な野菜や果物を安くお買い求めの際はぜひお越しください[exclamation×2]

 葉っぱ市直売所

【住所】 角田市横倉柿手52-7
【TEL】 0224-62-5473
【FAX】 0224-63-4305
【営業時間】 7:00~20:00
【休日】 元旦(1/1)
【駐車場】 30台駐車可
  
その後「味工房めいじ」さんが販売・営業を行っている、
角田市役所の地下にある市民食堂[車(セダン)]
DSC03015,17,18,19.JPG

市役所東側の門から入ります[ダッシュ(走り出すさま)](写真左上)。そのまま左側の建物に近づいていくと、玄関脇に地下へと続く階段が・・・[左斜め下](写真左下)。階段を下ると・・・ありました[exclamation][exclamation](写真右上・右下)。

DSC03027.JPG

 食堂内は明るく清潔感があり、落ち着いて食事を楽しめる雰囲気です[ぴかぴか(新しい)](写真は開店前)。

DSC03023,26,29.jpg

 主菜・副菜・丼物を日替わりでそれぞれ自由に選べるほか(写真左上)、カップ麺や菓子パンも買えるのは嬉しいですね[わーい(嬉しい顔)](写真左下)。コーヒー[喫茶店]は無料でお替り自由!(写真右)

DSC03036.JPG

市役所職員の方が主に利用するそうですが、一般の方も利用できるとのこと。

DSC03043.JPG

メニューのほとんどは角田産の食材で作られており、梅雀はメニューの中から日替わり丼の豚丼、さばの味噌煮、おからの和え物、みそ汁をチョイスしました[手(グー)]。これで500円[exclamation] しかもご飯の大盛り、コーヒー無料ですよー。

平日の11:45~12:45の間営業しておりますので、皆さんぜひ食べに来てください[ハートたち(複数ハート)]

角田市役所 市民食堂

【住所】 角田市角田字大坊41番地(角田市役所地下1階)
【TEL/FAX】 0224-63-5130(味工房 めいじ)
【営業時間】 11:45~12:45
【休日】土曜日・日曜日・祝日・年末年始(市役所と同様)


2014.11.06

収穫祭で新米のおふるまい=さくら農楽耕農産物直売クラブ=

「新米のおにぎり、芋煮などの手料理で、ここに足を運んでくださるみなさんに感謝の気持ちを伝えたい」とさくら農楽耕クラ農産物直売クラブ・鈴木善一さんは仕事の合間に話してくださいました。

Fotor1105174745.png

毎週早朝、しかも遠方から新鮮な野菜を買い求めに来られるお客さんに、心のこもったおふるまいをしようと、同クラブのみなさんは準備に大忙しです。

img_0275.jpg
ひとめぼれの新米が次々とおにぎりに。中はもちろん角田の梅干しです!
Fotor1105200439.png
こちらは芋煮。伏見たかさん自家製の味噌がポイントです。あらかじめ肉にみりん、お酒、味噌で下味をつけておく。これ絶対おすすめだそう。しかしいつでも炊き出し用のお釜がさっと出てくるあたり、「角田ならでは」だな、と思います。
img_0350.jpg
1回にカゴいっぱいのお買い物。本日、カードのポイント3倍でした[手(チョキ)]その後の収穫祭も楽しまれていました。
img_0377.jpg
このところ、地産池消の味を食べつくしている私でしたが、さくら農楽耕さんのも実に美味しい!
新米!自家製味噌の芋煮。本物は裏切らないのです。今回初めていただいた、赤じそのゼリー、パプリカの蒸しパン、絶品でした。あいにくの雨でしたが、ビニールハウス内でおふるまいを受け満足したお客さんの顔をたくさん拝見しました。
◇◇◇
さて肝心のマーケットの品揃えです。鍋や煮込みに需要が増える秋冬用野菜が登場していました。
img_0296.jpg
 えっ、箱で500円。
img_0303.jpg
カリフラワーが1個90円。「茹でたてをマヨネーズで」がシンプルで美味しいと私は思います。
img_0305.jpg
キャベツ1個80円。ハイ、すぐになくなりました。
img_0307.jpg
大根80円。嬉しいお値段。
img_0314.jpg
ゴボウは4本ぐらいで200円。角田のゴボウは逸品です!
img_0324.jpg
ニラもこれからもっと美味しくなる食材。70円とはだいぶ値ごろ感あり。 
img_0345.jpg
柚子で一段と冬を感じます。2個で150円。
img_0327.jpg
 大きなターサイが出回る時期ですか。油揚げとごま油でさっと炒め煮。100円です。img_0328.jpg
ミニトマトがこの新鮮さで200円!
img_0299.jpg
この手書きのPOPイケてませんか?「はやとうり」という珍しい食材のレシピです。 
Fotor1105200828.png
さらに試食用にと、実際料理したものを食材横そばに置いてありました。しかも美味!穎川さん、さすがですね。
鈴木善一さんは「冬に向けての作付けが終わり、これから玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、、サニーレタス、ミニキュウリも揃います」と。今週末もぜひお出かけください。

【今後の予定】
2015年1月7日(水)の初売りでは福袋(1000円相当)がお買い上げの方に進呈されるそうです。
【営業時間】
9:30~15:00(毎週土・日)

【問い合わせ先】
[電話]0224-62-5185
角田市佐倉字北原北71-1


注)地図上では「朝どり野さい店」になっていますが、正しくは「さくら能楽耕(のうがっこう)農産物直売クラブ」です。


2014.09.25

角田の美味しさ丸ごとお届け!=伊達美味マーケット=

 まだ眠そうな仙台サンモール一番町商店街。しかし、そこには角田より集結された「角田物産チーム」がそれぞれスタンバイを始めていました。角田の美味しさ、魅力を多くの方々に知っていただこうと、”伊達美味初出店”に張り切っていたのです。

fotor0925111554.jpg
img_6656.jpg
入口には角田物産ブースの看板も掲げられ、いよいよ販売開始!

9/19,20の2日間、角田物産ブースは大変な賑わいを見せていました。

img_6669.jpg
img_6650.jpg
加藤果樹園さんの獲りたて梨、甘柿、リンゴ。
木で熟したものだけに、美味しさは格別。試食したら必ず買っていました。
img_6693.jpg
産直広場あぐりっとさんの梅干し、野菜、大福、がんづきなども好調な売れ行きです。
img_6739.jpg
虹の園、角田市観光物産協会のブース。
角田産加工品へお客さんから質問が相次ぎ、客足が途切れません。
◇◇◇
20日に行われた角田ずんだまつりのPRイベントです。
img_6765.jpg
リハーサル中のパワー溢れる角田市運動普及推進員の方々です。
さあ、本番です。いろいろありましたが、ずんだ体操の曲が流れると、体が動き出しますね。
img_6800.jpg
ガブリくんも踊る[イベント]
img_6810.jpg
会場のお客さんも踊る。
img_6834.jpg
その後に振舞われた、角田産秘伝豆のずんだもち。
img_6837.jpg
前日からこれを楽しみに駆けつけてくださった男性(右)。体操もお上手でした [わーい(嬉しい顔)]
img_6843.jpg
200食、あっという間に消えました。 
img_6846.jpg
オール角田産のずんだもち。 
img_6872.jpg
つきたてのおもちと海苔に意外に合ったのが、この「梅醤油」(角田市観光物産協会)。
みなさんもぜひお試しください。
img_6709.jpg
途中「OH!バンデス」出演で
ずんだまつりとずんだカフェの告知をする角田物産チーム。
img_6886.jpg
長い一日でした。角田物産チームお疲れ様でした。 
img_6889.jpg
11月の「角田宇宙クリスマスフェア」(仮)でお会いしましょう!
【お知らせ】
第12回角田ずんだまつりは「ココカクダ」から⇒http://kokokakuda.jp/
角田市観光PRキャラクターひかりちゃん☆と角田スタンプ会公認ガブリくんのゆるキャラグランプリの投票は
 こちらから⇒http://www.yurugp.jp/

2014.09.11

さくら能楽耕(のうがっこう)農産物直売クラブへ今週末もどうぞ!

さくら能楽耕(のうがっこう)農産物直売クラブは阿武隈川の河川敷近くにあり、晴れた日は遠くに蔵王を望む実に風光明媚なところに立地しています。

img_4776.jpg

オープン以来10数年がたち、仙台や亘理、柴田町などからの多くの固定客を持つ産直市場です。今回「みやぎスマイル&スマイルのスタンプラリー」の参加店舗

(~11/30)と聞き、新鮮野菜を買ってスタンプをもらおうと出掛けました。

img_4874.jpg

実は前日に同市の鈴木善一さん(写真上)の畑に伺い、すくすく育つ野菜の姿を確認していました。

img_4671.jpg
今夏もたくさん頂きました。オクラの花。初めて見ました。

そして頴川果樹園さんの収穫後すぐの梨とナイヤガラというブドウも見学させて頂きました。

img_4680.jpg
これは幸水。これからは豊水へ。
img_4706.jpg
温室内で育てられ、無農薬の安全なナイヤガラ。
◇◇◇
さて店舗に伺うと、9時半オープンを前にお馴染みの方々がすでに品定めを始めていました。お客さんの中には仙台から車を3人で乗り合い、ここからさらに丸森、最後はまた角田の他の産直市場に寄って帰るというコースをたどるという方もいるそう。「多い時で毎週、少なくても月2回は来ますね。お野菜が高い時はもちろん助かりますが、朝どりの野菜はやはり魅力です」とはカゴいっぱいの野菜を手におっしゃる仙台の方です。
img_4820.jpg
その里いも(150円)。森久一さんのを買い求め、煮物にして最高でした[グッド(上向き矢印)]
img_4849.jpg
小野和子さんの有精卵、200円。濃いオレンジ色の黄身、久々です。
img_4853.jpg
あっという間にカゴは空っぽに。
img_4860.jpg
大小さまざまなカボチャ100~200円は太田正義さん。
img_4818.jpg
松崎英子さんの梅干しは正真正銘、角田の味です。小粒のこの梅干しが200円。
img_4884.jpg
これから里いも、秘伝豆、大根、白菜などの品揃えだそうです。
img_4894.jpg
頴川果樹園さんのあのブドウです。甘み豊か!しっかり試食して選べますね。
Fotor0911165645.png
スタンプを押して、同市のポイントカードにハンコをおしてもらう。
500円お買い上げ毎に1個、20個で100円引き。
産直市場ではじめてもらったカードです。

【今後の予定】
11/1(土)の大収穫祭では、新米のおにぎり、豚汁のおふるまいがあります。
やや先ですが、新年初売りでは福袋(1000円相当)がお買い上げの方に進呈されるそうです。

【営業時間】
9:30~15:00(毎週土・日)

【問い合わせ先】
[電話]0224-62-5185
角田市佐倉字北原北71-1


注)地図上では「朝どり野さい店」になっていますが、正しくは「さくら能楽耕(のうがっこう)農産物直売クラブ」です。