So-net無料ブログ作成
2011.08.29

斗蔵寺をめざして!その4

目的だった千手観音像を見ることが出来たので、今日は満足です!
これは是非1度拝観しておく価値ありです!
なにより住職さんとのお話が楽しいです[るんるん]

住職さんが言っていましたが、今回の東日本大震災では、斗蔵寺はどこも壊れることなく、さらに千手観音も二十八部衆も1つも倒れず、全て無事だったそうです[exclamation×2]
あんなに重そうな鳥居でさえ根元から倒れてしまったところもあるというのに、あの揺れに耐えたのは、本当にすごいですよね[exclamation]
さすが霊峰と呼ばれる斗蔵山!
「やはりここは何かに守られている!」そんな印象を受けました。

本堂から出ると、ふと上を見上げて、さるすべりの花を指差す住職さん。
さるすべりの花は普通ピンクなのですが、ここの花は白くてめずらしいんだと、またちょっと自慢げに話す住職さん(笑)
白い花よりも、あんなに背の高いさるすべり(10mぐらい?)を初めて見たので、そっちに驚く自分←
…下の写真、白すぎてよく分からないですね…[たらーっ(汗)]
183.jpg
さらに足下の黄色い花を指差し「オトギリ草って言うんだが、知ってるかー?」と聞いてくる住職さん。
この草は薬草で、昔ある兄弟がこの草を使って薬を作っており、この薬草を使っていることは2人だけの秘密にしようと約束したのに、弟が薬草のことを他言してしまい、怒った兄が弟を切ったという話から、「弟切草」というそうです。
朝に黄色い花が咲くそうです。
182.jpg
最後におみくじを引いて(末吉でした)、住職さんにお礼を言って、鐘を撞いて下山することにしました。
153.jpg
帰りは正面の階段を下りてみました。なんだあの木は!もはや芸術です。
193.jpg185.jpg
さらに駐車場まで戻り、帰りはハイキングコースを下ることにしました。
こちらの道は、いろんな石があって楽しかったです!

「読めそうで読めない古碑」…確かに文字がたくさん書いてあるのですが、、、これが本当に読めそうで読めなくて、やきもきします><皆さんも挑戦してみて下さい!
186.jpg
「観音大士の硯石」…名前の由来ははっきりしていませんが、硯として使っていたかのように、石の真ん中が不自然にへこんでいます。
192.jpg191.jpg
本格的に山に入る入り口にある石。看板に書いてある通り、石に「左とくら山、右やしき」と書いてあります。これはちゃんと読めます。
194.jpg
もし斗蔵山に来たら、こちらのハイキングコースを歩くのをオススメします!!
この他にもいろんな石があるので、探してみて下さい!
斗蔵山には、また別の道もあるので、今度はそちらを登ってみたいです!
187.jpg

山を下りきり、もと来た道を走り、駅まで戻りました。
今回はすごい冒険だったので、全部載せたくて、長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

そういえば、斗蔵寺の案内板は、みんな日本語の下に英語でも説明が書いてありました(しかも手書き)。
意外と国際的な「おとくらさん」!
住職さんも楽しい方だったので、すごく楽しい1日でした!
184.jpg
自転車を返して(ありがとう13号!)、今日は帰ります。
188.jpg
……え。

posted by ゆめこ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。