So-net無料ブログ作成
2011.11.17

豆料理コンテスト 入賞作品 Part-III @ ぜいご屋「ふふ」

「あれ?なぜパート3があるの?」と思われた方もいらっしゃるかも・・。(*^nn^)                                                          ☆ ☆ ☆

週末に食べに行けなかった、銀賞受賞の『甘辛だいず』気になって、気になって。(笑) もちろん、限定2日の提供だから、もう無いだろうと思いつつも「ぜいご屋ふふ」さんへと行ってみました。

そしたら、ママさん、コスモ☆のために「秘伝豆づくし御前(甘辛だいず付)」を再現して下さったのです[黒ハート] ステキすぎる[ぴかぴか(新しい)] (*^_^*)

以下、お料理、ご堪能あれ~ 

銀賞 『甘辛大豆』
P1010942 (2).JPG

『秘伝豆づくし御前』 

う~ん、これは手が込んでますぅ!これに食後のコーヒーと梅ゼリーが付いて800円!

P1010951 (2).JPG 

こちらが「豆料理コンテスト」銀賞入賞[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]の甘辛大豆(「ふふ」Version)。 「うまっ!」大豆を甘辛く炒ったものと、サツマイモのコラボレーション♪ ひとつ摘んだら、やめられない、止まらない~[位置情報]

P1010948 (2).JPG

『ずんだ和え』 王者に君臨する豆料理定番”ずんだ”に、きのこを和えています。

P1010949 (2).JPG

『一口豆腐寿司』 トッピングは、①菊の花、②梅焼酎漬け、③ゆず味噌。さながら「ぜいご懐石」?

P1010945 (2).JPG   P1010953 (2).JPG

『秘伝豆いっぱいコロッケ』こちらは、角田産かぼちゃに秘伝豆をふんだんに入れ焼き上げました。ほくほくして、あまあい[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

  P1010944 (2).JPG 

『焼き豆ごはん』 秘伝豆の歯ごたえと香ばしさを楽しむ焼き豆ごはん。この焼き豆、結構手間がかかるようです[たらーっ(汗)] カライリした後、水に浸け、砂糖を絡ませて再度カライリ。そうかあ、だから香ばしさが逃げないんですね!(p^_^q) こりこり感というか、ご飯なのにおつまみのような遊び心。お子さんも喜びそうです!

 P1010950 (2).JPG

『梅のお吸い物』 ずんだの甘さを中和させて、すっきりした後味に。[黒ハート]ごちそうさまでした[黒ハート]

P1010957 (2).JPG 

ぜいご屋「ふふ」のママ、安斉信子さん(右)と妹の恵子さん。以前は、「あんざい」という名前で、おすしやさんをされていたそうです。、「ぜいご屋」=いなか料理、「ふふ」は、かわいい[揺れるハート]から付けたとか。「女性に愛されるお店」でいたいとおっしゃっていました。うーん、確かに[exclamation]いろんな食材がちょっとづつ集まってメニューができてて、お味はちょっぴり甘口。女性好みだと思いました。(*^_^*)

P1010955 (2).JPG

お店の外観です。お電話は、0224-62-2312。

座敷もあり、こじんまりした郷土料理&地酒のお店でしたよ~[手(チョキ)] 

***

【豆料理食べ歩きの取材後記☆】

美味しく楽しい取材でした。お店の方々にお聞きすると、素材(秘伝等)が季節物なのでいつでも出せるとは限らないが、その時期になったら店のメニューに加えてもよいと、お話もありました。角田の「食のブランド」を皆で作っていくようで、楽しいですね。(*^o^*)

「食」とは、技術も大切ですが、「おもてなしの心」が料理の味を作るのだなあと思いました。

コスモ☆はこれから・・ダイエットです・・[あせあせ(飛び散る汗)](A^_^)[あせあせ(飛び散る汗)] 


posted by コスモ☆ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。