So-net無料ブログ作成
2012.01.10

角田の老舗すし屋、梅寿司さん

  ほのかに赤いシャリでおなじみの、「梅寿司」さんに行って来ました。

ちなみに、ゆめこちゃんと私で、中と並をそれぞれに注文してみました。(比較~♪)

並1,000円、中 1,500円 上 2,000円のお値段です。下は中です。(並もGOODですヨ[手(チョキ)]

DSCN8980.jpg
ゴージャスです[黒ハート]
左から、白ぼたん、甘エビ、あなご、いくら、とろ、とろ、卵焼き、鉄火巻き、そしてカッパ巻き。
 
では、カッパ巻きを一つ・・   「わっ、ごはんとろとろぉ~」、おいしぃです。(*^^)v
次に、まぐろを・・[るんるん]  ヽ(*^o^*)/
DSCN8991.jpg
次に卵を・・  (*^o^)_□[ハートたち(複数ハート)]
DSCN8998.jpg
シャリさん、太った卵につぶされてる~[あせあせ(飛び散る汗)]
  さて、ここで問題です。このシャリの赤い色、「梅干しで色が付いていると思っていた人、挙手!!」  ・・・ 「はい。全員ですね。」(笑) 実は、この赤は酒かす原料の赤酢で色づけしているのです!酒かすと言うと、身体にいいし味が良くなると、昨今注目を集めています。お米と裏ごしの梅干は角田産、『おいしい角田』の登録店でもあります。
                         ☆ ☆ ☆
 店主の野口宗男さんにお話を伺いました。
DSCN8994.jpg
 
 野口さんは学校卒業後、横浜のすし屋さんで修行されたそうです。コスモ☆が以前住んでいたあたりだったので、お話はすごく親近感がありました。昭和47年12月、角田に戻ると、お世話になったお店の”のれん分け”で、「梅寿司」を開店。それ以来40年の歳月が流れ、今では角田で一番長老のおすし屋さんになりました。
   
 現在は、奥さまと、娘さんと、3人で切り盛りされていらっしゃいます。将来は、娘夫婦が継いでくれるとか。なんて親孝行な娘なのでしょう[ぴかぴか(新しい)] 梅寿司ファンも世代を超えます。
                                               ☆ ☆ ☆
 今日は懐かしいお話をありがとうございました!おみかんも、ごちそう様でした。 m(__)m
================

「梅寿司」:宮城県角田市角田字町245  お電話:0120-151387 2階に広いお座敷あります。


posted by コスモ☆ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。