So-net無料ブログ作成
2012.01.19

諏訪神社と伊達政宗

331.jpg
角田市中心部のすぐ隣、桜地区にある「伊具総鎮守・諏訪神社」
社殿は角田で見た神社の中では高さがあり、威厳がある印象を受けました。

332.jpg
ここの石鳥居は、1857年に建てられ、高さ約4.2m、幅約5.7mあり、角田市内で最大の石鳥居です。

333.jpg
馬舎には、真っ白な神馬像。まつげが長い[目]

334.jpg
社名の額には、龍の彫刻が施され、額自体も近くで見るとかなりの大きさで迫力があります!!


■歴史 
1336年、将軍・北畠顕家が、義良親王を奉じて陸奥に下向した際、信州諏訪大社から諏訪大神の分霊を勧請し、古くからあった佐久良(佐倉)神社に合祀したものだといわれています。


■諏訪神社と伊達政宗 
その前に「筒粥神事」という行事をご存知ですか?

諏訪神社の総本社である諏訪大社で毎年1月15日に行われていて、その年の農作物の出来や世相を占う行事です。
やり方は、葦の茎数本を入れてお粥を炊き、その茎に入り込んだお粥の量や状態を見て占います。

角田の諏訪神社でも毎年宮司さんが筒粥神事を行い、その結果を周辺農家に目録にして渡しているそうで、現在450年前の目録が残っています。

さて政宗さんのお話です。伊達政宗が相馬(福島県)遠征の時に、諏訪神社へ戦勝祈願に訪れました。
そして、祈願に訪れた日が筒粥神事を行っていた1月15日。そのお粥を食べ、ここで甲冑
に着替えて出陣し、見事に勝利したのでした!
1590年、凱旋した時、神社に金幣帛や烏帽子、日色鈴を奉納し、感謝を込めて社殿を造営したといわれています。(現在の社殿は、村民の寄進により建造されたものになります)
さらにそれ以降、筒粥神事の目録を仙台藩内に頒布させたという話もあります。

posted by ゆめこ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。