So-net無料ブログ作成
2012.04.12

台山廟と不思議なできごと

 市内のどこからも見える台山公園のH-IIロケット、そのお隣にあるのは、角田を270年間治めてくださった伊達御一門筆頭、石川家のお墓、台山廟(びょう)があります。角田市が見渡せる一等地に鎮座されていらっしゃいます。

IMG_2488.JPG
 お祀りされているのは、石川家37代以降(角田城主12代)~38代(14代)の比較的最近の当主および親族の方々です。明治維新に遭遇された14代邦光公の奥方様、牟宇子様のお墓もこちらです。小さいときから何度も通っていた場所ですが、すっかり風景となっていて、手を合わせることもありませんでした。スミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_2489.JPG
「台山」とは、長泉寺の名僧、「台山文童和尚」から付けれた名前だそうです。山頂に石川氏の碑と、和尚様の碑があります。台山には、石川家の守護神・八幡神社や、牟宇姫の信仰した阿彌陀仏を祀った跡や寺院跡などがあり、台山全体が大きな石川家の霊所であることがイメージできます。
☆ ☆ ☆
ところで・・台山廟のほかに、石川家のお墓は5廟あります。そちらは長泉寺の一般墓地の中にあるので、なかなか軽々と見に行くというわけには参りません。コスモ☆も、なんとなく「お墓あるだろうなあ」程度で、気に留めることはありませんでした。しかし!!ちょっと不思議なことがあったのです。
ここから、ミステリーゾーン[たらーっ(汗)]
猫.JPG
コスモ☆家のお墓掃除をしていたら(長泉寺です)、黒い猫がひょいっとやってきました。帰ろうとすると、また私の前を歩くので、ちょっとふざけ半分ついて行くことにしました。でもまさか・・。(歩く猫)
P1070216.JPG
しばらくすると、りっぱな階段があり、黒猫はそこで姿を消してしまいました。本当に居なくなっちゃったのです。「まさか・・石川家のお墓があったりして。(^^;」などと、期待半分、不気味さ半分(笑)で、階段を上りました。けっこう上りました。
P1070215.JPG
 そしてその頂上付近に、本当にあったのです。石川家代々のお墓が・・。びっくりしました[たらーっ(汗)](新しい墓標もあるので、写真は控えさせて頂きますネ。)これも何かのご縁と想い、お参りをさせていただきました。
P1070211.JPG
 案内板を見ると、私が上ったのは、「古廟」と「文山様廟」という第26代(当主2代~)お殿様や奥方様のお墓のようです。伊達政宗公の息女牟宇姫や、そのお母様も眠っていらっしゃいます。
(そういえば、牟宇姫の命日とコスモ☆の誕生日って同じなんですヨ。偶然なんですけど。。)

☆ ☆ ☆

そんなわけで(黒猫のお陰で)、ごく自然にお墓参りすることができました。不思議なこともあるものです。石川家が角田城主となった1598年から、今年で414年が経ちます。石川昭光公が今の角田を見たら、どう思うのでしょうか。自分の愛した街で、家臣や村人の子孫が平和に暮らしているのを見て、満足してくれるでしょうか。そうだといいなあと思います。(^人^)

posted by コスモ☆ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。