So-net無料ブログ作成
2014.10.01

初開催「匂い袋づくり体験」=角田市郷土資料館=

img_7372.jpg
角田市郷土資料館が、9/27に初めて開催した「匂い袋づくり体験」を見学させていただきました。
現代はいろんな香りであふれていますが、奈良や平安時代にはどんな香りを楽しんでいたのでしょうか?歴史の話や香りの原料も教えていただきながら、皆さん、器用に作られていました。京都など観光地で買い求めた巾着袋のものとは一味違った千代紙仕立ての可愛いものです。香りを独自にブレンドするのがまた面白そうです。
img_7404.jpg
碇子幸枝(いかりこゆきえ)館長から、説明を受け、制作開始です。
img_7451.jpg
あらかじめ線が引いてある正方形が最終的に土台になります。
img_7449.jpg
この形にまず折ります。
img_7450.jpg
半分のところで折り目を入れます。これを4方で折り、
img_7420.jpg
両面テープで端をとめると最終的にはこの形になります。
◇◇◇
そして香りのブレンドです。
そもそも「匂い袋」とは、木の皮や樹脂、乾燥させた植物の天然香料を刻んだものを調合して、袋に詰めたものをいうそうです。衣装箱や木の箱に入れては防虫の役割も果たしていたそう[目]
今回の香りの原料ですが、ビンに入れられ、香りが混ざらないようスプーンも色分けされ専用に使用しました。
img_7379.jpg
「丁子」「甘松」「龍脳」「桂皮」「白檀」などが代表的な香り。
ほとんどがインド、中国など外国原産なんですね。
img_7380.jpg
このスプーン加減で自分なりの香りを調合です。
img_7390.jpg
どんな香ができたかな?
img_7394.jpg
いろんな香りを嗅いでいて、最後は鼻が……。
でもだいぶおばあちゃんとは違う感じでした。
img_7415.jpg
自分の香りを優しく纏めます。
img_7432.jpg
そして中に入れてとじて完成です。
fotor01001140922.jpg
皆さんの手のひらにのる可愛いサイズです。
気軽に楽しめる体験。しかも香りの勉強ができました。
◇◇◇
角田市郷土資料館に関する情報はこちらから↓

posted by 梨の花 nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。