So-net無料ブログ作成
2014.10.02

角田産マコモダケ栽培を見学

ご覧の植物は背丈が2メートル前後。不思議な植物の正体は?

img_7500.jpg
img_7567.jpg
正解はこの「マコモダケ」が獲れる、イネ科の多年草「マコモ」です。
img_7365.jpg
料理するとこんな感じです。西根のおもてなしでご馳走になり、その歯ごたえと美味しさに注目。ご協力頂いてそのまま見学の運びとなりました。

角田市の佐藤義友さん(西根一区長)は休耕田の活用にと数年前から、マコモダケを栽培。角田特産品としての期待がかかりますね。

img_7504.jpg
根元近く肥大化した茎の部分を収穫しています。
img_7505.jpg
春先に田をおこし、堆肥を与えて水を張り、代かきを。稲と一緒ですね。
その後株分けした苗を間隔をあけて手植えするのだそう。
img_7530.jpg
しっかり水を張り、深い方が雑草は少ないそう。収穫は10月いっぱい。まさに今が旬。
img_7533.jpg
佐藤さん、実はチャレンジャー。知り合いから分けてもらった新種の苗を育て上げます。
fotor01001173120.jpg
これは苗でしか手に入らなかったものを、種として収穫し、育てたのがこれ↓
img_7537.jpg
佐藤家ビニールハウスには研究成果が並びます。
img_7546.jpg
新顔のお野菜だったアイスプラント。生食で塩味を楽しむ、今では人気のお野菜ですが、10日に1度は塩分3%の塩水をかけるなどの手間がかかるそう。
◇◇◇
金時草(きんじそう)とマコモダケを分けてくださり、我が家ではシンプルに頂きました。
fotor01001160721.jpg
きんぴら風。仕上げにお酢を入れると味が引きしまりました。
fotor01001161055.jpg
金時草はおひたしで。くせのない味と食感がたまりません。
◇◇◇
週末はマコモダケ(1本50円)をはじめ新鮮なお野菜が揃う角田市高倉小原田の「こはらだ直売所」へどうぞ
img_8233.jpg
市場の開催は毎週日曜(7月初めから11月いっぱい)8:00~11:00 までです。



【西根自治センターからのお知らせ】
10月24日(金)に「健康ウォーキング」が開催されます(小雨決行)。
集合は午前9時に西根自治センター。出発9時半、解散11時半。
コースはせんだん公園・高蔵寺(約3.7キロ:約1時間半)。
歩きやすい服装と靴、水、天候により雨合羽をご用意ください。
*ゴール後多少のおもてなしがあります。
参加申し込みは特に必要はありません。
問い合わせ先は[電話]0224-65-2111(西根自治センター、角田市高倉字本町15番地)



posted by 梨の花 nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。