So-net無料ブログ作成
2016.03.22

街なか交流サロン「ひだまり」で気軽にお茶しましょ♪

DSCF6335_2.jpg
角田市の商店街でこんな看板を見たことありますか?
こちらは街なか交流サロン「ひだまり」です。
一体どんなところなのでしょうか?今日はこちらをご紹介します。
 
「ひだまり」は角田市シルバー人材センターが主体となり、2014年8月にオープン。地域の人たちが気軽に立ち寄り、交流できる場として、平日は毎日開放しています。シルバー人材センターの会員たちがそれぞれの特技を活かして、日替わりで小物作りやパソコン講座なども開催しています。
年間利用者はなんと2,000人以上にもなります!
DSCF6282_2.jpg
今回はその中で、古着となった着物をリフォームする教室にお邪魔しました。
リフォーム教室は毎週月・火曜日に開催され、この日は20名ほどのご婦人が集まって製作をしていました。
 
DSCF6255_2.jpg
 
それぞれ自分で古着を用意し、カバンや小物入れなどに生まれ変わっていきます。完成したものは自分で使ったり、友達にあげたりしているそうです。  

DSCF6209_2.jpg
▲着ている割烹着ももちろん、この教室で習って作ったもの
 
DSCF6298_2.jpg
シルバー人材センター会員の西牧さんと斎藤さんが、お世話役として、作り方を丁寧に教えてくれます。
「分からない部分があったら、先生がきちんと教えてくれるので、最後まで作り上げることができるんですよ」と参加者。
お世話役の斎藤さん(上の写真中央の方)は、「最初はお互い知らない人同士だったのですが、今では親戚同然のようにすっかり仲良くなりました。今まで1人で過ごしていた人たちも、ここで楽しく過ごしてくれているようでいいですね」 と話していました。
 
DSCF6188_2.jpg
▲みんなでおしゃべりしながら作り、そして作品が完成するのが楽しみなのだそうです!

DSCF6321_2.jpg
お昼になると、お弁当を広げてランチタイム!自作の漬け物などを持ち寄ってはお裾分けしたりと、この時間も楽しみのひとつ!
「どうやって作ったの?」と料理の作り方を聞くことも、主婦にとってはまた勉強なのだとか。

 
サロンにはたくさんの備品がありますが、ほとんどが寄贈などで譲り受けたものだそうです。
地域貢献活動をする近所のパチンコ店から余ったお菓子を寄贈されるなどのほか、角田市内の企業からも資金の寄付があり、地元の人たちに支えられながら運営しています。
DSCF6231_2.jpg
▲レトロな足踏みミシンもありました。もちろんちゃんと動きます!

 
角田市シルバー人材センター事務局長の大泉さんは「この通りは商店街だか人通りが少ないので、ここが集まるきっかけの場となり、賑やかになればいいなと思っています」と地域活性化に意気込んでいました。 
 
 * * * * *
★「立ち寄ってみたい」「教室に参加してみたい」という方は、市内のみならず市外の人でも、いつでも歓迎です。直接「ひだまり」までお越しください。
★年齢を問わず誰でも参加・利用ができます!
 
街なか交流サロン「ひだまり」 
■住所:角田市角田町71
■TEL:0224-51-8081 
■時間:10:00〜15:00(月〜金のみ)
■利用料:運営協力費として100円(プラスお茶代 100円)
(利用者カードに利用ごとにスタンプが1つ押され、10個たまると1回無料)
 
▼開催イベント▼
■着物のリフォーム……毎週月・火曜
■ハーモニカ・切り絵教室・健康体操……毎週水曜
■小物作り・折り紙……第1・3・5木曜
■パソコン教室……第2・4木曜
■うたおう童謡……第1・3・5金曜
■茶話会……毎週月〜金曜(イベントと同時開催)
■囲碁・将棋サロン……第2・4金曜
■宿題ひろば(15:30〜17:30)
・中学生対象…毎週水曜
・小学生対象…毎週金曜 
 
========== 
▼運営資金の寄付も受け付けています。
ご連絡は角田市シルバー人材センターまで。
住所:角田市角田字錦町23-8
TEL:0224-63-5112
==========  

posted by ゆめこ nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。