So-net無料ブログ作成
2017.01.04

お楽しみいっぱいのクリスマスマーケット!

IMG_3047.JPG
クリスマス・イブの前日12/23(金・祝)に開催された、 
「かくだ田園ホールのクリスマスマーケット」に行ってきました!
 
<クリスマスマーケット>とは、キリストの生誕を祝うクリスマス(12/25)と、
その4週間前の準備期間であるアドベントの間に開催される催しのこと。
ドイツを中心にヨーロッパの各都市で開催されているんですよ! 
 IMG_2581.JPG
角田市版「クリスマスマーケット」ではかくだ田園ホール内での
DateFMの番組「エアジャム フライデー」の公開録音やライブなどをメインに、
 隣接する市民センターの研修棟内ではクリスマスにちなんだ、
さまざまなイベントが行われました。
 
子どもたちがワクワク楽しめるようなイベントがいっぱい!
GO!角田スタッフは親子で「宇宙カフェ」の
「火星の砂のアクセサリーワークショップ」に参加してみました。 
 IMG_2496.JPG
「宇宙カフェ」でのワークショップはケーキとドリンク付き!
ケーキは宇宙にちなんだ、前橋菓子店の「スピカ」。
濃厚なチョコとムースが美味です。  
IMG_2500.JPG
ケーキを味わいながら早速ワークショップがスタート。 
unnamed.jpg
今回のワークショップの先生は月焼窯元 筑紫百合子さん。
筑紫さんは、NASAの研究成果から開発された、
月の砂と同じ成分の模擬砂を使い作陶しています。
最先端技術と伝統工芸をコラボさせた世界で初めての陶器「月焼」 の窯元として、
数々の賞に入選しているほか、月周回衛星SELENEのシンポジウムに
パネリストとして招聘されるなど、 JAXAからも認められている女性陶芸家なのです!
 
今回のワークショップは月の砂同様、火星の模擬砂を使って、
簡単にできるアクセサリー作り。 
IMG_2504.JPG
IMG_2507.JPG
 先生から材料をもらって、制作をスタート。 
IMG_2510.JPG
まずは陶土の中心にくぼみを作って、 
IMG_2511.JPG
ビニールに入っていた火星の模擬砂をくぼみにサラサラと入れます。  
IMG_2513.JPG
火星の模擬砂が湿る程度に水を加え 
IMG_2514.JPG
陶土と火星の砂がよく混ざるようにコネコネ! 
(小さな子どもはこの作業が一番テンションUP!) 
IMG_2516.JPG
よく混ぜて一つにまとめました。
粘土の中に混ざっている黒い粒子が火星の砂です。 
IMG_2520.JPG
ここからは好きな形に造形していきます。 
IMG_2523.JPG
我が家はハートの抜型を使いました。 
IMG_2526.JPG
型抜きした粘土に竹串を使ってお絵かき。
ネックレスとして使えるように、最後に穴を開けて造形タイム終了!
オーブンレンジを使って2時間ほど焼成して完成します。
IMG_2604.JPG
こちらが焼き上がった作品たち。
こうやって並んでいると、クッキーみたいですね(笑) 
素焼きの状態の粘土は思った以上に固く、ずっしりとしていました。 
貴重な火星の模擬砂を使ったワークショップ、とても楽しかったです!
 
市民センターの研修棟内ではこのほかにも楽しいワークショップがいっぱい。 
IMG_2541.JPG
好きなシールを貼ったりしてデコレーションを楽しむ 
オリジナルクリスマスカード作り 。
IMG_2543.JPG
もこもこの毛糸を巻いた 
クリスマス仕様のとんがりハット作り。 
IMG_2551.JPG
アイシングクッキー作り。 
IMG_2574.JPG
缶バッジ作りなどなど、盛りだくさんでした。
 
クリスマスが待ち遠しくなるような、ワクワクいっぱいの
「かくだ田園ホールのクリスマスマーケット」。
IMG_2575.JPG 
子どもたちの笑顔があふれる、 とってもあたたかなイベントでした!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。