So-net無料ブログ作成
2017.01.24

クリームチーズと仙南食材をたっぷり味わうレストラン

IMG_2429.JPG
角田をはじめとした仙南地区の恵みをふんだんに使った
料理が味わえるレストランがあります。 
お店の名前は「自然の風薫るレストラン ねの吉」 。
リピーターが多いと評判のランチを食べに行ってまいりました! 
IMG_2427.JPG
こちらがお店のオーナーの星野知宏さん。
もともとはクリームチーズ専門店「情熱工房 ねの吉」として仙台市内で
クリームチーズの製造販売をしていました。
その後、クリームチーズの味わい方、楽しみ方を提案したいと、
柴田町に週末限定のレストランをオープン。
2014年3月に角田市東根地区にお店を移転し、営業しています。 
 
 レストランは完全予約制。
可愛らしいテーブルセッティングに、料理への期待が高まります。 
IMG_2403.JPG
ランチは2000円から。
予算に応じてコース仕立てで提供されます。 
 今回は2000円のコースで予約させていただきました。
IMG_2410.JPG
まずは前菜のプレートから。スプーンから時計まわりに
●ごぼうとローストりんごのポタージュ ●長いもの赤ワイン煮
●にんじんラペ ●赤だいこん漬 ●クリームチーズと自家製柚子胡椒
 ごぼうと長いもは角田市東根地区産、りんごと柚子胡椒のゆずは山元町産。
にんじんは亘理産を使っています。
 
ポタージュは細かく刻んだごぼう、りんごがたっぷりで、食べるスープのよう。
ビネガーのかわりにカボスを使っているラペはやわらかな酸味で、
にんじんの甘さがより引き立っていました。 
IMG_2414.JPG
●鳥の海の海苔のリゾット
クリームチーズを作るときに出る栄養たっぷりなホエー、ブイヨン、
昆布出汁で炊いたリゾットには、亘理町鳥の海で採れた海苔がたっぷり。
磯の香りが口いっぱいに広がります。 
IMG_2416.JPG
こちらはメインプレート。
●野田鴨のロースト 赤ワインソース
●スズキの香草パン粉焼き
●さつまいもと国産レモンのマッシュ
●白いんげんとブラックオリーブのカポナータ
●たまごの赤ワイン醤油漬
角田産の合鴨 野田鴨のムネ肉はやわらかくジューシー。
パン粉焼きは鳥の海に水揚げされたスズキ、
蔵王産の4種のハーブを使っています。
IMG_2419.JPG
パスタは「ねの吉」自慢のクリームチーズをメインにした一品。
たまごは使っていないのですが、濃厚な香りと味が後引く、
クリームチーズ版カルボナーラといった感じ。 
 具材には八木山「ノイマルクト」のソーセージを使っています。
本場ドイツでソーセージ作りを学んだ職人による
手作りソーセージはあらびきで肉感たっぷり! 
IMG_2421.JPG
最後のデザートはクリームチーズのアイスと山元町産のりんごのコンポート。
甘さ控えめで、チーズの余韻たっぷりのアイスがとっても絶品でした! 
 
角田市や亘理町、山元町などなど、仙南地区各所の恵みがいっぱいのコースに大満足。
メニューの内容はその日の仕入れやオーナー星野さんの気分(笑)によって異なる
完全おまかせスタイルですが、「肉料理が食べたい」などの要望も聞いてくれるそう。
食べたい食材や料理があった時、苦手なものがある時は相談してみてくださいね! 
 
◆ 
 
また「ねの吉」では予算に応じたお弁当やオードブルの予約も受け付けています。 
IMG_2614.JPG
IMG_2616.JPG
こちらは先日私がオーダーしたクリスマスオードブルの一部。
オードブルでももちろん、仙南地区の食材がふんだんに使用されています。
お祝いなどのホームパーティの時におすすめです。
 ぜひお試しを!
 
角田市平貫字堂前21-1
TEL 090-5837-6413
■営業時間/ランチ  11:30~15:00
       ディナー 18:00~22:00
※前日まで要予約
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。