So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018.02.09

西根地区でひな祭りの準備が行われました!

IMG_0956_convert_20180201155506.jpg

角田市の一大イベントの一つ『牟宇姫ひな祭り』
市内各地でひな祭りのお飾りの製作が始まっています。
今回は西根地区の様子をご紹介します!
IMG_0843_convert_20180201155134.jpg

IMG_0795_convert_20180201154923.jpg

西根自治センターでは、地区のボランティアの皆さんが集まって
ひな人形や花飾りを製作しました。


IMG_0810_convert_20180201154943.jpg
IMG_0808_convert_20180201154934.jpg

まず製作したのは、折り紙と紙コップで作るひな人形。
今回はこのひな人形の作り方をボランティアの皆さんでマスターし、
後日、ボランティアさんたちが西根地区の小学1・2年生たちに教えてあげるそうです。
IMG_0816_convert_20180201154953.jpg

IMG_0834_convert_20180201155003.jpg
IMG_0929_convert_20180201155420.jpg

型紙を切って貼り付けていき、好きな和柄の紙を選んで袖を付けます。
お顔には好きなようにまつ毛を描いたりお化粧を描いたり。
自分好みの可愛いお雛様に仕上げることができます。

「子どもたちが、好きなようにどんどん作っていくから教えるのが追い付かないわ~』
という声も飛び交いながら、製作はなごやかな雰囲気。
小学生たちが作る独創的なお雛様も楽しみです。

これらのお雛さまは
3
3日・4日の牟宇姫ひなまつりの際に旧佐藤住宅に展示されます。


IMG_0947_convert_20180201155456.jpg

次に作るのは折り紙でできたお花のくす玉。
5
枚の折り紙を使って一つの花びらを作っていきます。
この花びらを12個繋げていって玉になります。

一つの玉に、5×12個=60枚もの折り紙が使われているんです!

IMG_0872_convert_20180201155340.jpg
IMG_0960_convert_20180201155521.jpg

ボランティア副会長の解説で折り方の手順を教わっていきます。
一見簡単そうですが、折ってみるとなかなか複雑でした

IMG_0935_convert_20180201155445.jpg
これが花びらの一つになります。
こちらが大きい方のくす玉サイズ。
小さいほうを作るにはさらに手先の器用さが問われる…!

IMG_0909_convert_20180201155408.jpg
これをどんどん作っていき、ボンドや接着剤で花と花をくっつけていきます。
綺麗な丸い形にしていくのが難しかった

IMG_0893_convert_20180201155350.jpg

これから各自が自宅で作成し、後日持ち寄る予定。
この折り紙のくす玉も、33日から旧佐藤家住宅に展示されます。
4
15日まで展示予定なので、

桜の開花とともに何度も足を運んでお楽しみください!

角田の春がますます待ち遠しくなりました!







nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。